プチ断食講座 TOP > プチ断食の効果 > プチ断食の方法(基礎編)

プチ断食の方法(基礎編)

スポンサードリンク

 プチ断食でダイエットをする方法は様々です。
 例えば、朝ご飯でプチ断食をする方法や、半日・1日・2日間をかけてプチ断食をするという方法など、人それぞれのやり方で行っているようです。
 プチ断食をすることで得られる効果は、「胃腸を休ませることができ、その結果、代謝を高め、脂肪が燃えやすい体質をつくることができる」ということでしょうか。
 
 現代の生活の中では食べ物がたくさんあり、多くの人が食べすぎの傾向があり、内臓はつかれきってしまっているという人が多いのだそうです。そこで、プチ断食をすることによって胃腸を休憩させてあげます。断食により食べ物が入ってこなければ、普段消化のために必死に働いているエネルギーたちは、身体の中にある余分なものや老廃物の排出のために働くようになるというわけです。このように、一度胃腸をやすませることによって、胃腸機能がリセットされ、結果基礎代謝量がアップし、太りにくい体質をつくることができるというのが、プチ断食の原理です。

 プチ断食の方法としては、最初に挙げましたが、具体的に言うと、朝ご飯は食べ物ではなく「飲み物」にするという方法があります。例えば、人参を主としたジュースを朝ごはんとして飲むと、ビタミンやミネラルが摂取でき、代謝が良くなります。
 ダイエットのために、朝ごはんを抜くという人が多いですが、朝ごはんを抜くと、結果昼ごはんや夕ごはんをたくさん食べてしまうことになり、逆に太ってしまいます。一回分の量が増えると、体脂肪になりやすくなりますから、朝・昼・夕とバランスよく振り分けてたべるようにするのが効果的です。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.