プチ断食講座 TOP > プチ断食の効果 > プチ断食により変化

プチ断食により変化

スポンサードリンク

 腸や内臓の機能が弱まってしまうと、血液中に消化できないものが入り込んでしまい、血液がドロドロになってしまうのだそうです。こうなってしまうと、自然治癒力というものが低下し、病気になりやすくなったり、太りやすくなったりなど体質が悪く変化してしまう場合があり、このような悪循環をリセットするのに「断食」が効果的であるといわれ、最近「プチ断食」と言う言葉を耳にすることが多くなっているのだそうです。
プチ断食を成功させるためには、腸内の酵素を増やし、腸内にある宿便を排出し、腸内環境を整える必要があります。血液がドロドロになる理由として、食べ物を食べすぎてしまったり、脂っこい食べ物ばかりを食べてしまうことがあげられます。小腸で食べ物を消化したり分解したりするときに、細かく分解できず血液中に不純物として残り、血液をドロドロにしてしまうのだそうです。血液というのは、本来はサラサラの状態であり、不純物を血液の力で体外に排出するという力を持っていますが、血液がドロドロではその力は半減してしまいます。
プチ断食によって、腸内の酵素を増やすと、腸内にある無数の酵素の力がアップし、食べ物を消化したり分解する力もアップし、血液がサラサラになるということになります。血液がサラサラになると、血行が良くなり、冷え性や肩こりなども解消できますし、基礎代謝もよくなり、ダイエットに効果的な影響を与えてくれます。逆に、酵素の力が衰えると、消化や分解の機能が正常ではなくなりますから、体調不良を引き起こす可能性が高くなるというわけです。
プチ断食は、「腸内を綺麗にし、血液をサラサラにする効果が期待できるというもの」ということになります。しかし、どのようなことでも、やはりやり過ぎや度を越えてはいけません。正しい知識のもと、正しく安全に行う必要がありますから、決して自己流で行って逆にからだを壊してしまうことのないようにしましょう。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.