プチ断食講座 TOP > プチ断食の効果 > プチ断食の方法

プチ断食の方法

スポンサードリンク

プチ断食のオーソドックスなやり方は、三日間で行う方法です。

一日目「断食の前準備」、二日目「断食本番、三日目「断食からの回復」という三日間のスケジュールです。土日が休みの人であれば、週末の金・土・日の三日間で行うのが生活リズムを壊さずにできるのではないでしょうか?

一日目の「断食の前準備」は、断食を本格的に行う前に、からだを慣らすための目的で行います。この日は、朝食は普通どおり食べます。昼食は通常の7~8割程度と量を少し減らし、夕食は通常の半分くらいの量にします。急に食べ物を摂らなくなると胃にも負担がかかりますから、胃を慣らすために徐々に減らすという方法を取ります。また、夕食を就寝の3時間前までには済ませ、アルコールは避けます。

二日目の「断食本番」は、食べ物を一切摂らないようにします。しかし、何も口にしないのは、脱水症状を起こす危険がありますから、水分は通常よりも大目に摂るように心がけましょう。水分は、お水やお茶がベストですが、どうしても辛いという人は、野菜ジュースやスポーツドリンクなどでも良いと思います。

三日目の「断食からの回復」は、胃腸に急激な負担をかけないようなものを少しずつ食べるようにします。最低30時間何も食べていない状態で迎える朝食は、お粥など消化の良いものが良いですね。量も減らしましょう。昼食も少し少なめ、夕食から元にもどすようにします。ただ、脂っこいものやアルコールは控えましょう。

三日目の回復日は、プチ断食で一番重要な日です。お腹が空いているからと暴飲暴食になってしまう人も多いようです。ここで食べ過ぎてしまうと、断食をしたこと自体が無駄になり、さらに太ってしまうという事にもなってしまいます。そして、胃腸にも負担がかかります。プチ断食は三日間で行う物ですが、断食当日よりも三日目が一番重要なのです。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.