プチ断食講座 TOP > プチ断食の効果 > 体のだるさを取るプチ断食

体のだるさを取るプチ断食

スポンサードリンク

 プチ断食をすると、体のだるさが取れるようです。
 例えば、何か夢中になることを一生懸命やっていると、何も食べたり飲んだりしなくても大丈夫ですし、寝不足になったとしても、疲れを感じることなく、意外と平気に頑張れるものです。しかし、夢中になることが終わってしまうと、一気に疲れが出たり、脱力感に襲われてからだがだるくなったりすることがあると思います。
 私たち人間は、血液に含まれている水分や栄養・酸素などが細胞に送り込まれることで動くことができるので、食事をとらなくても、胃腸に血液がおくりこまれないというだけで、その分を脳や筋肉に血液を送れば大丈夫なようなつくりになっています。ですが、食事を摂ることにより、今までストップしていた胃腸に血液が行き届くようになり、代わりに脳や筋肉に血液が行かなくなり、動く力が半減してしまうのだそうです。これが「疲れた」と感じる「だるさ」です。
 プチ断食をすると、胃腸に血液を送る必要がなくなりますから、脳や筋肉が活発になり、体のだるさがなくなります。また、プチ断食をすると、胃腸へ流れる分の血液が頭の血流に乗るため、頭の回転が速くなるそうですよ。
このようにプチ断食は、体のだるさを取ってくれたり、頭の回転を良くしてくれたりと、様々な効果があるようです。しかし、やはり食事を食べないことが健康に繋がるという考えには付いていけない私です・・・。
何事も適度に行うと、メリットがあり、度を超えてしまうとデメリットになったりします。プチ断食も適度に行うのが、良いのでしょうね。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.