プチ断食講座 TOP > プチ断食の方法 > プチ断食の方法(5)

プチ断食の方法(5)

スポンサードリンク

 睡眠は、一日の身体の疲れを癒し、次の日の活力を充電するために、私たちの生活の中で欠かすことのできないものです。
 身体の中にある細胞は一日中働いてくれています。細胞が働くと老廃物が体内にたまります。睡眠によって細胞の疲れを癒すことにより、たまってしまった老廃物が体外に排出できるのだそうです。ですから、睡眠はとても大切なものなのですね。
 食事をすると、胃腸に負担がかかります。しかし、負担がかかった胃腸も睡眠によって休ませてあげると疲れがとれます。
 このように考えると、お腹一杯に食事をしたときに急に眠くなるというのは、胃腸に負担がたくさんかかったため、胃腸が休息を必要とし「休んで欲しい」と指示されているからだそうです。
 逆に考えると、食事量を少なくすると、睡眠時間が少なくても大丈夫だということになるのでしょうか?少し疑問が残りますね。

 食べ過ぎると、食べ物の栄養が不完全燃焼してしまい、余分な栄養が体内に残り、血液をよごしてしまいます。この血液の汚れが、病気の原因を引き起こします。プチ断食によって、胃腸の働きを回復し、食事の摂取量を抑えることができる様になると、栄養分も残らず綺麗に燃焼され、吸収もよくなりきちんと体内で利用されるようになりますから、血液も汚れることなく、健康を維持することができます。
 また、アルコールを毎日摂取している人は、プチ断食により禁酒することもできますね。禁酒日を設けることは体にとっても良いことのようですし、朝食を飲み物だけに変えるプチ断食をすると、前日分のアルコールもきちんと体内で燃焼できますから、二日酔いもしにくくなるのだそうです。プチ断食には、このような効果も期待できるのですね。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.