プチ断食講座 TOP > プチ断食の方法 > プチ断食の方法(2)

プチ断食の方法(2)

スポンサードリンク

 ウィルスや細菌に感染する可能性の少ない場所から、感染の可能性の高い場所へ移った場合、もともと感染の可能性の高い場所にいた人よりも、感染の少ない場所に居た人の方が、細菌やウィルスの感染にかかりやすいということがあります。
 昔の人は、泥だらけになって遊んでいたりしていても抵抗力が強く、体も丈夫な人が多かったようですが、最近では外で泥だらけになって遊んでいる子供もあまり見なくなりましたし、どこに行っても清潔な場所が多く、さらに抗菌アイテムなどが大量に出回っていることなどから、人々の抵抗力は昔の人よりもかなり弱くなっているであろうと言われます。
 抵抗力というのは、例えばインフルエンザにかかった人が、そのインフルエンザに対する抵抗力が付き、再び同じ型のインフルエンザにはかかりにくくなるというように、ある程度体に負担をかけることで身に付くもののようです。 
プチ断食に関して言うと、プチ断食をすると白血球の数が増えるようです。白血球の数が増えるという事は病原体と戦う数が増えるという事で、抵抗力が強くなるようです。抵抗力が増すことによって、病気になりにくくなり健康になるという関係性が出来上がり、プチ断食は、抵抗力を高めるのに有効ということに繋がるのだそうです。
健康のために、ダイエットのために、プチ断食は効果があるようです。しかし、間違った方法で行うと意味のないものになり、余計に体を悪くしてしまうという事もあります。正しい方法で、興味のある人は、このプチ断食にチャレンジしてみてくださいね。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.