プチ断食講座 TOP > プチ断食の方法 > プチ断食の方法(1)

プチ断食の方法(1)

スポンサードリンク

 プチ断食は、胃・腸などの消化器官を休ませ、正常な状態に回復させようとするところに目的があります。
 現代の食生活は、野菜が足りなかったり、高カロリー・高タンパク中心の食事になってしまっていたり、高脂肪・高糖分の食べ物を摂取することが多かったりと、体に良いと言える食生活ではありません。また、食事の時間帯も朝食は抜きで、昼・夕・夜食の三回になっていたりと不規則になりがちです。特に、夜食を食べてしまうという事が問題で、夜食を食べるという事は寝ている間も胃腸が食べ物を消化しようとして働き続ける必要があり、休む暇がありません。休む暇がなければ結果病気を引き起こす可能性が高くなり大変です。
 このようなことから、胃腸を適度に休ませてあげるということは大切なことなのです。そして、「プチ断食」は、胃腸を休ませるために効果的なことになるのです。
 断食によって、食べ物が胃腸に入らないと、胃腸は活動の必要がなくなり、疲れを癒し回復に向かって休みます。こうすることにより、健康にもダイエットにも効果を発揮するようになります。ですから、時にはプチ断食を行い、内蔵を休ませてあげる日を作る事が必要です。
 しかし、プチ断食をするより、三回の食事をきちんと取り、夜食をやめ、私たちが寝ている時間、胃腸を休ませて上げることができれば、これが一番良い方法ですね。

関連する内容の記事

ソーシャルブックマークに登録する

ブックマークに追加する
Copyright ©2008 プチ断食講座 All right reserved.